BLOG ブログ

色の抜けたスエード、一手間の工夫で簡単ケア

乾燥が気になりハンドクリームが欠かせない冬の季節、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今回は、前回の記事に引き続きスエードのメンテナンスについて解説していきます。
前回の記事はコチラからどうぞ!



冬に履くのを楽しみにしていたスエード靴を久しぶりに出したら、
画像のように「乾燥で色味が抜けてしまった…」というご相談を多く頂きます。

復活させるのが難しそうなこの状態ですが、
前回紹介したブラシ、栄養のスプレーに “あるアイテム” を1つ、一手間加えるだけで、
簡単に色味を取り戻すことができます!

手順1 ブラッシング



ツイストワイヤーブラシ ¥1,500+税

前回同様ではありますが、兎にも角にもまずはブラッシング。
紳士靴に使用されているスエードは、ムートンブーツやパンプスなどに使用されているスエードとは質感が異なります。
そのため、今回は根元からホコリをかき出し、毛並みを整えることができる金属製のツイストワイヤーブラシを使用します。

お手入れの際はもちろん、
日頃のメンテナンスでもマメにブラッシングを行うことで、
毛並みが整い、靴全体の発色を綺麗に見せることができます。

手順2 ミストによる栄養補給



M.MOWBRAY スエード&ヌバックトリートメント
通常サイズ ¥1,000+税
ラージサイズ ¥2,500+税


ブラシ、栄養スプレーに加えるアイテムというのがこちら。
この一手間をかけるだけで、発色の戻りがスプレー単体でのときよりも良くなります。

一手間といっても、使用方法は非常に簡単。
画像のようにひたひたと湿るくらいまで、
全体へまんべんなくミストをかけて数時間乾燥させるだけ。

たったこれだけではありますが、ミストにより成分が深くまで浸透することで、
補色をおこなわずとも、発色の良さを取り戻すことができます。
持続力も高いので、発色の良さを長期的に保つ用途にもぴったり。



新登場のラージサイズはスエード好きには嬉しいお得な大容量仕様!
今回取り上げているブーツのように、使用面積の広い靴をお持ちの方であれば、
一度に使う量も多いと思いますので、特にオススメです。

手順3 仕上げ



M.MOWBRAY スエードカラーフレッシュ ¥1,500+税

最後はこちら。

ミストが浸透し、乾燥したらブラッシングで再度毛並みを整え、
通気性の良い屋外などで、靴から30cmほど離してスプレーを振りかけます。

栄養、防水効果のあるスプレーを仕上げとして掛けておくことにより、
発色の良さをさらに持続させながら、汚れや雨を弾く効果も高めることができます。



たった一手間加えただけ、まとめても3つの手順ではありますが、
並べて比較してみるとここまで見違えます。

スプレー同様、スエード&ヌバックトリートメントはニュートラル。
無色ゆえ色合わせの必要もないので、

○スエード、ヌバックなど起毛素材の靴を多数所有している
○複数色のスエードがあしらわれているコンビ素材の靴を持っている

という方には特にオススメです。

スエードケアの一手間、ぜひお試しください!



<今回のBLOGで使用した商品>
ツイストワイヤーブラシ ¥1,500+税
M.MOWBRAY スエード&ヌバックトリートメント
通常サイズ ¥1,000+税
ラージサイズ ¥2,500+税

M.MOWBRAY スエードカラーフレッシュ ¥1,500+税

M.モゥブレィブランドのシューケアプロダクツはプロのシューファクトリーやシューブランド、靴愛好家の方々から数多くの支持を得ているシューケア(靴手入れ)のトップブランドです。 M.モゥブレィブランドの代表的な商品であるデリケートクリーム、アニリンカーフクリーム、シュークリーム等はイタリアにおける皮革タンナーや靴メーカーの聖地の一つであるトスカーナ州の古いファクトリーで作られています。 製造は大型の機械で大量生産が主流の現代では珍しい、熟練の職人による頑固なまでのハンドメイド的製法を堅持して、欧州の靴クリーム作りの伝統と品質を現代に受け継がれています。また、プロユースで評価が高かった皮革用石鹸、ソール用クリーム、コバ用クリームなどを一般商品化し、さらに日本のファクトリーにて独自製法で開発したステインリムーバーやモールドクリーナーなどをラインナップに加えるなど、品質、伝統、革新をおこなうシューケアブランドとして、M.モゥブレィブランドのシューケアプロダクツは日々進化し続けています。M.モゥブレィプレステージは上質な天然成分を使用したM.モゥブレィの最高級レザークリームブランドです。