BLOG ブログ

【1日1分】カビを生やさないための、靴習慣【カビ対策】

いよいよ6月。
毎年恒例ではありますが、梅雨がもうすぐそこに迫っています。

2021年の梅雨は、記録的な入りの早さと明けは例年通りということもあり、
これまで以上の長期化が濃厚です…。

そんな雨続きの季節、怖いのはやっぱり「カビ」ではないでしょうか。

今回は、じめじめと気持ちもふさぎ込みがちなこの時期でも簡単に、1日1分でできてしまう、
「カビを生やさないための靴習慣」をご紹介します!

用意するアイテム



○ プロホースブラシ(画像左、ホコリを落とすための馬毛ブラシ)
○ M.MOWBRAY プレステージ モールドクリーナー(画像右、防カビ用のミスト)

たった2つのアイテムですが、カビ対策がこれだけで出来ちゃいます。
早速お手入れをはじめましょう!


STEP1 ホコリ落とし



まずは、履いて帰って靴を脱いだら、
表面についているホコリを、馬毛ブラシで払い落とします。

チリやホコリをはじめとする微細なゴミは、
靴の周りに蓄積することでカビや菌が増える原因となってしまいます。

ほうきをつかって床のゴミを払うように、全体をささっとブラッシング。
しなやかな馬毛のブラシで微細なゴミを払い落とします。

※スエード、ヌバック等の起毛素材は別途専用のブラシを使用するのがおすすめです。




STEP2 防カビミストを吹きかける



次に、防カビミストである「M.MOWBRAY プレステージ モールドクリーナー」を靴に吹きかけます。

主に湿気が溜まりやすい

○ 靴底
○ 靴内


に2,3プッシュほど吹きかければOKです。



モールドクリーナーは海藻由来の「有機ヨード」配合。

・革に優しくシミになりづらい
・カビに対しての相性がよく、カビ除去能力が高い

という「皮革に優しく、カビに厳しい」という特徴を持っています。
そのため、靴のお手入れに慣れていない方でも安心して使うことができます。

STEP3 靴の置き方に注意する



最後に、靴を立て掛けて半日ほど放置します。

靴底全面が床についた状態で放置してしまうと、
靴底 – 床 の間に湿気がこもってしまい、カビが繁殖しやすくなってしまいます。

ですので、画像のように空間を開けて立てかけることにより、
しっかりと靴底の換気を促し、カビの繁殖を防ぎやすい状態をつくります。



「靴底を壁につけたくない…」

という方は、画像のように風通しの良い靴棚においたり、
下駄箱内に「すのこ」を敷き、靴と地面が全面で触れるのを防ぐのもおすすめです。

まとめ



以上、1日1分でできてしまう簡単なカビ対策のご紹介でした。

① ブラッシング
② 防カビミスト
③ 靴の置き方に注意

以上3つのポイントは、1日1分で簡単に実践できるうえに、
毎回靴を脱ぐたびに続けることで、カビの発生率をグッと抑えることができます。

今回ご紹介したアイテムは、
「M.MOWBRAY 公式オンラインショップ」にて購入していただけます!

2021年、長い戦いが予想される梅雨時期に向けてぜひ揃えてみてください!



カビの発生を防ぐための関連記事



M.モゥブレィブランドのシューケアプロダクツはプロのシューファクトリーやシューブランド、靴愛好家の方々から数多くの支持を得ているシューケア(靴手入れ)のトップブランドです。 M.モゥブレィブランドの代表的な商品であるデリケートクリーム、アニリンカーフクリーム、シュークリーム等はイタリアにおける皮革タンナーや靴メーカーの聖地の一つであるトスカーナ州の古いファクトリーで作られています。 製造は大型の機械で大量生産が主流の現代では珍しい、熟練の職人による頑固なまでのハンドメイド的製法を堅持して、欧州の靴クリーム作りの伝統と品質を現代に受け継がれています。また、プロユースで評価が高かった皮革用石鹸、ソール用クリーム、コバ用クリームなどを一般商品化し、さらに日本のファクトリーにて独自製法で開発したステインリムーバーやモールドクリーナーなどをラインナップに加えるなど、品質、伝統、革新をおこなうシューケアブランドとして、M.モゥブレィブランドのシューケアプロダクツは日々進化し続けています。M.モゥブレィプレステージは上質な天然成分を使用したM.モゥブレィの最高級レザークリームブランドです。