BLOG ブログ

ハイシャインワックスを使用した鏡面磨きのやり方



前回の記事でご紹介した「M.MOWBRAY ハイシャインワックス」。

従来あった「M.MOWBRAY ハイシャインポリッシュ」を、
鏡面磨きに関して確かな技術を持つM.MOWBRAY認定のシューケアマイスター監修の下、硬度の異なるワックスを配合することでリニューアルしました。

今回は、生まれ変わった「M.MOWBRAY ハイシャインワックス」を使用した、鏡面磨き(=ハイシャイン)のやり方について解説いたします。

使用するアイテム



・M.MOWBRAY ハイシャインワックス
・ポリッシングコットン(又はポリッシングコットン ミニ)
・水

使用アイテムは以上の3つです。

今回は通常のケアを終えた後の靴を使用して、鏡面磨きの方法を解説していきます。
(スムースレザーのケアについては、コチラ からご覧いただけます。)

手順1 ベース作り



つま先やかかとなど、芯材(靴のシルエットを保持している硬いパーツ)の入っている部分に、左の画像程度の量のワックスを指(又は指に巻きつけたコットン)にとり、薄く塗り込んでいきます。

一度指にとった量を塗り込み終わったら、再度同量ほど指にワックスをとり、塗り込みます。
繰り返し5回ほど塗り込んだら、片方の足にも同様の量を塗りこみます。

鏡面磨きはワックスのロウ分を層のように重ねていき、革表面の毛穴を埋めることで光を反射させます。
最初にある程度ワックスを重ねて、ベース(=下地)を作っておくことで、効率的に毛穴を埋められます。

ハイシャインワックスは硬度の高いカルナバワックスやキャンデリラワックスと、柔らかで伸びの良いビーズワックスを配合しています。
この3つのワックスをバランス良く配合することで、まんべんなくワックスを塗り込める伸びの良さを保ちながらも、従来のハイシャインポリッシュよりも素早く毛穴を埋めることができるようになりました。

手順2 ワックスを塗り重ねる



下地をしっかりと作ったら、さらにワックスを重ねてツヤを出していきます。

まずはポリッシングコットンを、シワが入らないようにピンと張った状態で指に巻きつけます。
さらに水を布に含ませ、水気を絞って軽く湿らせた状態にします。



その後、画像程度の量のワックスを布にとり、円を描くように作ったベースの上に優しく重ねていきます。

2〜3回程度繰り返し重ねたら、片足に同様の作業を行います。
好みの光沢感が出てくるまで、これを交互に片足ずつ繰り返していきます。



画像のように、うろこのような模様が出てきたら、鏡面に近づいているサインです。
塗ったワックスの曇りが晴れるように、全体に満遍なく塗り伸ばしていきます。



ワックスを重ねていく中で指に引っかかりを感じる場合は、水を1滴垂らして滑りを良くします。

水をつけ過ぎると、ワックスがダマになってしまったり、
重ねてきた層を剥がしてしまったりするので、注意が必要です。

手順3 仕上げ



好みの光沢感に近づいたら、つま先に水を1滴垂らし、縦方向に手早く指を動かします。
うろこ状の曇りが取れて、クロスの拭き跡が目立ちづらくなったら、作業は完了です!



ワックスを重ねることでしっかりと光沢感が出ました。

靴の印象を華やかにしたいときや、
長く履いている一足のイメージをがらっと変えたいときには非常にオススメです。

作業がうまくいかないときは…



鏡面磨きはすこしだけコツが必要で、時間もかかる作業です。
そのためなかなか上手くいかないという方や、失敗してしまったという方も居るかもしれません。

鏡面磨きで失敗してしまう原因を、
M.MOWBRAY認定シューケアマイスターが解説しているページもありますので、
上手く行かなかった際はこちらも参考にしてみてください!



さらに追求したい方は…



M.MOWBRAY ハイシャインプライマー

昨年発売された、鏡面磨きの下地づくりのスピードをさらに加速させてくれるアイテム。
ハイシャインワックスと、ハイシャインプライマー、2種のワックスを併用すると、さらに早く、より強い光沢感を出すことができます。

次回の記事では、
ハイシャインワックスとハイシャインプライマーを併用した鏡面磨きの方法をご紹介しています。

こちらも合わせて、ぜひお読みください!






<今回のBLOGで使用した商品>

・M.MOWBRAYハイシャインワックス
ポリッシングコットン(又はポリッシングコットン ミニ
M.MOWBRAY ハイシャインプライマー

M.モゥブレィブランドのシューケアプロダクツはプロのシューファクトリーやシューブランド、靴愛好家の方々から数多くの支持を得ているシューケア(靴手入れ)のトップブランドです。 M.モゥブレィブランドの代表的な商品であるデリケートクリーム、アニリンカーフクリーム、シュークリーム等はイタリアにおける皮革タンナーや靴メーカーの聖地の一つであるトスカーナ州の古いファクトリーで作られています。 製造は大型の機械で大量生産が主流の現代では珍しい、熟練の職人による頑固なまでのハンドメイド的製法を堅持して、欧州の靴クリーム作りの伝統と品質を現代に受け継がれています。また、プロユースで評価が高かった皮革用石鹸、ソール用クリーム、コバ用クリームなどを一般商品化し、さらに日本のファクトリーにて独自製法で開発したステインリムーバーやモールドクリーナーなどをラインナップに加えるなど、品質、伝統、革新をおこなうシューケアブランドとして、M.モゥブレィブランドのシューケアプロダクツは日々進化し続けています。M.モゥブレィプレステージは上質な天然成分を使用したM.モゥブレィの最高級レザークリームブランドです。