BLOG ブログ

ベストセラークリーム2種、なにが違う?


「M.MOWBRAY デリケートクリーム(画像左)」
「M.MOWBRAY アニリンカーフクリーム(画像右)」


どちらもM.MOWBRAYを代表するアイテムとして、長らく人気のあるクリームです。

これら2つのクリームは、

○ シミやムラになりづらく、革に優しい
○ 伸びよく塗りやすい
○ 無色(ニュートラル)なので、さまざまな色の革にも使える
○ 革靴だけでなくバッグ、お財布などの革小物にも使える


など、共通の性質を持ちます。
このことから、

「違いを知りたい」
「使い分け方がよくわからない」

というお問い合わせも多くいただきます。

今回のブログでは、これら2つのクリームの

「特長」
「違い」

について、詳しくお伝えしていきます!


違いその①:水分量


「水分」を多く含み、光沢を出すための「ロウ分」が控えめなデリケートクリームに比べると、
アニリンカーフクリームは「ロウ分」を多く含みます。

画像左:デリケートクリームのみ使用して靴磨き
画像右:アニリンカーフクリームのみ使用して靴磨き


そのため、

・「光沢を抑えたい」→ デリケートクリーム
・「光沢を出したい」→ アニリンカーフクリーム


と、仕上げ方の好みにより、上記のように使い分けていただくのがオススメです。

違いその②:他のクリームとの併用


「水分」を多く含み「保湿」に特化したデリケートクリームは、
「ロウ分」「油分」「補色効果」を持つ、画像のような乳化性クリームとの併用もおすすめです。
(2種のクリームを併用するメリットは下記よりチェックできます。)

これはスキンケアでいうところの

・「化粧水」による保湿、水分補給
・「乳液」による油分補給


と似た仕組みですね。



もちろんアニリンカーフクリームも「絶対に併用できない」わけではないですが、
デリケートクリームに比べると「ロウ分」「油分」を多く含むため、
乳化性クリームと併用すると、すこしベタつきやすくなってしまいます
(併用したい方は、「から拭き」「ブラッシング」をしっかりと行うのがオススメです。)



こう書くとアニリンカーフクリームがすこし劣って見えてしまうかもしれませんが、

「皮革に光沢を出しながら」
「水分や油分もある程度補給」


これらを1つで解決できるのは、このクリームならではの魅力です。


特に、「コードバン」「カーフ」などの皮革は「あえて補色をせず」
アニリンカーフクリーム単体で磨き、

○色の抜け感や透明感
○素材本来の自然な光沢感


を存分に味わうこともできます。


・「革に潤いをしっかり与え、補色やさらなるツヤ出しをしたい」方
→ デリケートクリーム+乳化性クリーム

・「クリーム1つである程度のお手入れを終えたい」方
・「補色をせず、色の抜け感や素材の光沢感を味わいたい」方
→ アニリンカーフクリーム


というように使い分けていただくのがオススメです!
(アニリンカーフクリームも乳化性クリームの1種なので、デリケートクリームとの併用も可能です。)

まとめ


いかがだったでしょうか。

同じ「お手入れ用クリーム」という枠組みではありますが、実はこれだけの違いがあります。
奥深いシューケア・レザーケアの楽しさを、ぜひこれらのクリームで体験してみてください!

「2種のクリームを磨き比べしてみたい」
「革の種類に応じて2つを使い分けたい」


という方は、下記オンラインショップから商品を手に入れることができますよ!
あわせて、ぜひチェックしてみてください!


基本のお手入れ方法を見る


M.モゥブレィブランドのシューケアプロダクツはプロのシューファクトリーやシューブランド、靴愛好家の方々から数多くの支持を得ているシューケア(靴手入れ)のトップブランドです。 M.モゥブレィブランドの代表的な商品であるデリケートクリーム、アニリンカーフクリーム、シュークリーム等はイタリアにおける皮革タンナーや靴メーカーの聖地の一つであるトスカーナ州の古いファクトリーで作られています。 製造は大型の機械で大量生産が主流の現代では珍しい、熟練の職人による頑固なまでのハンドメイド的製法を堅持して、欧州の靴クリーム作りの伝統と品質を現代に受け継がれています。また、プロユースで評価が高かった皮革用石鹸、ソール用クリーム、コバ用クリームなどを一般商品化し、さらに日本のファクトリーにて独自製法で開発したステインリムーバーやモールドクリーナーなどをラインナップに加えるなど、品質、伝統、革新をおこなうシューケアブランドとして、M.モゥブレィブランドのシューケアプロダクツは日々進化し続けています。M.モゥブレィプレステージは上質な天然成分を使用したM.モゥブレィの最高級レザークリームブランドです。